読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章力をつけよう

先日、『SEを極める仕事に役立つ文章作成術』(日経BP社発行)という本を買い、
今一生懸命に読んでいる。

なにせ、私は文章力が極端に乏しいため
このブログも「きまぐれ」で書いているほどだ。

先日読んだ記事で、
システムエンジニアはさまざまな言語を使ってシステムの開発をする」
といった内容が書かれていた。

これには、「なるほど」と納得した。
確かに開発の時は、
日本語、英語、開発言語(C言語等)、アセンブラ
とさまざまな言語を読んで、書いて、確認している。

それなのに、文章を書くのが苦手では本末転倒ではないかと思い
文章力を付けるため、この本を買ってみた。

    • -

この本の中にある例題の私なりの回答をここに記す。

●例題1
問題概要:
面接を受けるため見知らぬ土地へ来た花子さんに対して、
宿泊先ホテルから会社までの道を案内する文章を書きましょう。
会社の前にある図書館は見落としやすい小さな図書館です。

花子様が宿泊されているホテルを出られますと隣に公園があります。
公園を左手に見ながら歩いて最初の交差点を右折します。
そのまま最初の交差点まで歩いてください。
最初の交差点の右手側に小さな図書館があります。
その図書館の道を挟んて向かいのビルが弊社となります。

筆者によると、
私の説明では、見落としやすい図書館を目標としているので
花子さんが迷う可能性のある文章になるようです。


●例題2
問題概要:
コンピュータの知識が全くない人に
ホイールマウスの機能と使い方を教えましょう。

これはマウスと呼びます。
ディスプレイ画面上に表示されている矢印を動かしたり、
ボタンを選んだりするときに使用します。
使い方は、マウスを台の上で滑らせることで、ディスプレイ画面上の矢印が動きます。
マウスには、ボタンが2つ付いており、そのボタンの間に輪っか(ホイール)が付いています。
ディスプレイ画面上のボタンで、マウスの左側のボタンを押すと、ディスプレイ画面上のボタンを押したことになります。
また、ホームページなどディスプレイ画面のしたにも表示がある場合には、
ホイールを回すことでディスプレイ画面を上下に動かすことができます。
マウスの右側のボタンは、オプションを表示したりする場合に使用します。

筆者によると
この例題では、なぜ難しいと思うのか、
その原因をつかむことが目的だったようです。

確かに、どこまで詳しく書けばいいのか難しかったです。

    • -

うむ。。
最初の章だけでも深い感じがした。
これは、腰を据えてじっくり読もう。

梅雨入り

今日九州北部でも梅雨入りが発表された。
これから本格的に雨の季節となる。

私は、個人的に雨は嫌いではない。

どちらかと言うと好きかもしれない。
(ジメジメは嫌いだが・・・)

雨の音を聞いていると心が休まる。

地面で跳ねる水の音
傘に当たる雨の音
水たまりに落ちる雨の音
・・・

とまあ雨の音は結構いいものだ。

みなさんも、雨の日に思い切って外へ出てはいかがですか。
非日常的で案外リラックスできるかもしれませんよ。

転社について

いつの間にか2週間以上もブログを更新していないことに気付いた。
タイトルそのまま、「きまぐれ」になりつつある。

    • -

ここからが本題。

半年ほど前から会社に不満を感じ始め
現在、他の会社へ転社すべく活動をしている。

同じIT系の企業を探すのだから
転職ではなく、あえて「転社」と言っている。

ただ、引っ越す費用もないので
今住んでるところから通える範囲に絞って探していると
かなり企業も絞られてしまう。

そんな中で、大きな企業から仮内定を貰うことができた。
請負や派遣をやっている企業で
派遣先が決まらないと内定を出せないということで
仮内定として貰っている。

でも、よくよく考えてみると
大きな企業は給与はいいけど
作業の小回りが効かないのである。

派遣契約で客先へ入れば、なおさら小回りがきかない。
今の企業が派遣契約で客先へ常駐しているのでよく分かる。

そこで、小回りが効きそうな企業を探してみると
1社興味を持った企業が見つかった。
自社プロダクトの業務である。

仮内定の返答を来週初めにと言われているが
もう少し待ってもらい、
慎重に検討しようと思っている。

私も、もう若くはないのだから・・・

失敗!!

また、やらかしてしまいました。

客先のプロパに真向から反論してまった。

前にもプロパに反論してクレームを受けたのに。

それも、今回は、全て調査が済む前に。
エンジニアとしてやってはならない事だ。

まだまだ修行が足りないことを実感しました。

やりたいことが見つからずに・・・

私には、趣味というものがない。多分ない。

休日は、時間が余ってしまい
何かやらねばと思い
いろいろやってるうちに時間だけが過ぎていく。

知り合いのエンジニアは
自分でAndroidが動作するボードを購入し
Androidを使って楽しんでいるようだ。

また、別のエンジニアは
スポーツをやってストレス発散しているようだ。

体を動かすのは嫌いではないが
日頃疲れた体を休日は休めたい。

結局、読書したり、Web見たりで
何となく時間が過ぎていく。

あらら、今日も何やかんやで
過ぎていく。。。

インバスケット思考

今回は、今読んでいる本についてである。


『究極の判断力を身につけるインバスケット思考』


先日、東京FM系列のラジオ局で流れている
「あ、安部礼司」(毎週日曜日17時から18時)で取り上げられていて
興味を持ったので、早速書店で購入した。


私自身は、システムエンジニアで、
マネージメントよりも設計書作成やプログラミングなど
実作業が主である。

しかし、30代半ばとなる技術作業にも限界がでてくる。
次第に、下の者を教育し管理する作業が出てくることは自然な流れである。

それに、エンジニアでも仕事関連の1日のメール数は100件以上になります。
それを、全て読んでいると時間が足りなくなり
結局残業をするはめになる。

重要なメールや自分以外の人に任せる作業をうまく切り分けないと
いけないのだが、任せた作業で問題が発生すると
任せた私の責任も問われる。


エンジニアの中には、残業するのは当たり前という人も多い。
IT業界は残業が多いのでも有名なのだが
企業としては、社員の残業は損失になるのではないだろうか。

それに、エンジニアも人間なので残業が続くと
体を壊してしまう。
すると、更に企業側の損失は大きくなる。


そこで、「インバスケット思考」である。
本の内容については、ここでは触れませんが
「インバスケット思考」には確かに考えさせられる内容でした。

作業に優先順位を付けるだけでなく、
そこに潜む問題を見つけ出すことが必要ということがよく分かりました。


もし、興味を持った方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

英語の翻訳

突然ですが、このブログ、
「です」「ます」長から「である」長へ変更します。

自分の意見を書いているので
「である」の方がいいのかなと思いまして
それに、少々疲れました。

    • -

ということで、ここから「である」長で書くことにする。

現在、仕事で3GPPという規格書を翻訳している。
3GPPは、Webで公開されているので
ここで書いても問題無いだろう(たぶん・・・)。

IT業界では、規格が英語で書かれていることが多いけど
これまでじっくり翻訳する作業はなかった。
そんな時間も取れなかったから
必要な箇所以外は、単語なんか調べずに
こんなことが書いてあるのかな~で済ましていた。

ただ今回は、仕事として英語を翻訳している。
(翻訳専門の人に頼めばいいのにと思いつつ・・・)

これが、かなり疲れる作業で
翻訳機にかけると何故かめちゃめちゃな翻訳をしてくる。
専門用語があるから、そこは勘弁するとしても
英語の文法を無視したような翻訳をしてくれる。

私は英語が苦手なので、
今回の作業は、複雑な設計書を書くより大変だ。

でも、お金貰ってるし、頑張るしかないのだが・・・